読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 7人
QRコード
QRCODE
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
< 2019年01月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

         
関西ヒストリカルイベント 公式サイト                                               ヒスサバ・ムービー集

2015年08月25日

「ざ・パシフィックフロント4」 公式レポ10

さて、パシフロ4レポも10回目。







日本軍が右の丘を占領した直後、アメリカ軍の砲弾が襲います。
アメリカ軍は、当然占領地域に火点を調定しており、味方が陣地を放棄して後退すると同時に砲撃を開始。










日本軍は中隊から伝令を走らせ、速やかに左の丘の占領を命令します。
すでにアメリカ軍は後退した後であり、抵抗なく左の丘は一旦陥落しました。

直後にアメリカ軍は一部兵力を持って逆襲に転じます。
















日本軍が対逆襲の態勢を固めるより前に攻撃をかけるアメリカ軍。
丘を占領したばかりの日本軍は砲撃と逆襲によって被害を受けますが、どうにか占領を維持します。

ここで模擬戦闘の前段は終了。
日本軍による攻撃の結果、高地の占領に成功します。

今回のパシフロ4は日本軍による中隊の攻撃、その先遣小隊を想定して行いました。
かなり色々と省略はしていますが、攻撃における歩兵小隊の運用を可能な限りで再現しています。
またアメリカ軍は不完全ではありますが、防御を想定し陣地の構築、障害の設置、そして戦闘、後退という流れがシュミレートできました。
これらはいずれも歩兵戦闘の基本であり、通常はこのようにして歩兵戦闘は行われます。
都市型戦闘などではまた違うと思いますが。
逆に言えば、少人数ごとの編成でバラっと動いて、敵を見たら発砲、と言うようなサバイバルゲーム的な戦闘というのは普通、行われません。
私も文章が稚拙で、なかなかうまく伝える事ができませんが、このような軍隊の行動を実施しているイベントはあまり見かけません。
※私は他で参加した事がないのですが、もしあるなら教えて下さい。

今回参加された方々が、「いままでと何か違う」と感じていただければ、まず主催としては目的を達成したものと思います。
フロントシリーズは、今後私が目指している「リエナクトメント」の入り口的なイベントとして企画しています。
このパシフロ4や過去のオスト、ウエストフロント等をきっかけにリエナクトメントに興味を持って貰えたら、と思います。
そこまではしたくないぜ、って方ももちろん、フロントシリーズは歓迎しています。
その日1日を、兵隊として過ごして、他のサバイバルゲームイベント等では見なかった状況や行動を楽しんでいただければ充分です。

手前味噌ですがw 「リエナクト」については、是非私の個人サイトの方、見てみてください。
「海外はすごいなぁ」ではなく、日本国内で世界に誇れるリエナクトが可能である事を紹介しています。
http://www.eonet.ne.jp/~kfir/reenact.htm

ちょっと脱線しましたが、レポートの方はまだ続きます♪









同じカテゴリー(イベントレポート)の記事画像
オストフロント1944 イベントレポート Vol.7
オストフロント1944 イベントレポート Vol.6
オストフロント1944 イベントレポート Vol.5
オストフロント1944 イベントレポート Vol.4
オストフロント1944 イベントレポート Vol.3
オストフロント1944 イベントレポート Vol.2
同じカテゴリー(イベントレポート)の記事
 オストフロント1944 イベントレポート Vol.7 (2019-01-17 19:47)
 オストフロント1944 イベントレポート Vol.6 (2019-01-13 12:00)
 オストフロント1944 イベントレポート Vol.5 (2019-01-12 00:39)
 オストフロント1944 イベントレポート Vol.4 (2019-01-09 13:21)
 オストフロント1944 イベントレポート Vol.3 (2019-01-03 10:17)
 オストフロント1944 イベントレポート Vol.2 (2018-12-30 16:08)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。