読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
QRコード
QRCODE
新規投稿

新規投稿するにはログインする必要があります。会員IDをお持ちでない方はIDを取得された後に投稿できるようになります。
< 2012年09>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

         
関西ヒストリカルイベント 公式サイト                                               ヒスサバ・ムービー集

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2012年09月10日

パシフィックフロント3 Vol.12



パシフロ3 レポートを続けます。
 

午前中に確保した攻撃発起点へと移動中の米軍。




小隊長から各分隊長へと命令が下達。
中隊長は後方の本部から指示を出してますが、この攻撃の開始を下令した後は続行するか、中止するかの判断以外はする事がありません。





小隊長の命令を分隊長が更に分隊員に伝えます。
命令の根幹は同じですが、下に行くにつれ、不必要な部分(他の部隊の行動等)は省略され、逆に分隊内での指示などが付け加えられます。
歩兵戦闘において、分隊長の位置は非常に重要です。




小隊長は山合いに位置し、機関銃を直接指揮して攻撃の準備を整えます。
無線手は中隊長に砲撃支援を要請。
続けて機関銃が援護射撃を開始。









砲撃の支援の下、海兵隊の第2、3分隊が攻撃を開始。
敵陣に迫ります。






第1の丘を占拠し、更に攻撃。





突然、横背から射撃を受け、小隊長以下全滅。。。。





カメラに映った日本軍狙撃兵の姿(w




観測所に対する第1次攻撃は頓挫。
第2ステージが終了です。



  

Posted by 先任 at 21:28Comments(0)イベントレポート

2012年09月10日

パシフィックフロント3 Vol.11



今回からは午後の状況です。
お昼休みは長めに取って、14時から開始されました。

午前中の状況の続きになります。

午前中の攻撃により、突撃発起点を確保したアメリカ軍はいよいよ日本軍観測所、Obj,Dを直接攻撃します。
対する日本軍は、前哨陣地から後退した部隊を含めて観測所を防御します。

なお日本軍には鹵獲されたM3軽戦車が増援されています。













各指揮官から状況が伝えられ、続けて命令が発せられます。
待ち時間のようで、ダルい時間に感じられるかもしれませんが、これなくしてはヒストリカルイベントにはなりえません。
「よーい、ドン!」でお互いの陣営が相手に向かって走って行くような戦闘は、滅多に無いと思います。

それぞれの陣営には状況があり、目的があり、目的達成のために行動(戦闘を含む)があるからです。
それを行うには組織があって、指揮命令系統が必要になります。
将校には将校の、下士官には下士官の、兵には兵の、それぞれの仕事をする雰囲気を作る必要があるからです。

※兵が「ダルい」と感じるのはまさにリアルな兵の気持ち、と言えるでしょう。
また、命令を出す側も大変だとはご理解下さい。ある程度の勉強や経験がないと、なかなか難しいと言うのは参加された方ならわかると思いますがw

 










防御の命令が発せられ、日本軍は午前中よりやや増強された形で守備につきます。
本来ならば何日もかけて掩体や障害を設置し、射線の草を払い、擲弾筒や機関銃の照準を合わせるなどの準備をするのですが、さすがにイベントでは無理なので割愛(w



















  

Posted by 先任 at 10:48Comments(0)イベントレポート

2012年09月07日

パシフィックフロント3 Vol.10



ちょっと間が開きましたが。。。
今回はアメリカ軍参加者への昼食支給の様子です。




日本軍用と違い(w こちらは配食容器もほぼ実物、もしくは同型品、レプリカです。





参加人数にかんがみ、海兵隊から配食を開始。
陸軍が海兵隊に食事を配る、というシチュエーションは普通はありえないと思いますが、まぁイベントなので勘弁して下さい。










食器はなんでもOK、としていましたがやはりメスパンが良いですね。
実際に近いだけでなく、片手で持てるので大変使いやすいです。

少なくとも80年代後半まではWW2型のメスパン、メスキットをアメリカ軍は使用していたようです。
メスキットは材質等が違う他はWW2から変わっていません(微妙には違いがありますが)
リエナクトメント、リヴィング・ヒストリーでは勿論、普通のバーベキューのときにも便利です。
  










メニューはパン2枚、ポーク&ビーンズ、茹で野菜、フルーツカクテル、オレンジジュースです。
まぁ大戦中のBレーションでポピュラーなメニューかと思います。










  

Posted by 先任 at 04:59Comments(0)イベントレポート